ストーブ点検その4ケロシンストーブ

オプティマスNo00+マナスルヒーターです。
  IMG_0047_2017092613364712b.jpg
プレヒートをしっかり行うことで、点火そのものは簡単な部類のケロシンストーブです。
風に非常に弱いので、風防は必須です。

IMG_0051_201709261336493cd.jpg  IMG_0054_20170926133650575.jpg
マナスルヒーターは、暖房効果はごく僅かですが、オークションでの価格は沸騰しますね!
ヒーターの上にクッカーをのせると、湯沸かしできますが、放熱は更に悪くなります(当たり前か?)

ストーブ点検その3分離型

今朝、時間があったので分離型2台を点火しました。
分離型は流石に室内では点火する気になりません。
一体式も屋外推奨です!!

IMG_0001_201709161122382a9.jpg  IMG_0002_2017091611223933b.jpg
ウィスパーライト インターナショナル600と、ピーク1APEXです。
ボトルは残念ながらネジ径が異なるため、兼用できません。

IMG_0003_201709161122404a3.jpg  IMG_0004_20170916112242dd6.jpg
ピーク1はプレヒート不要ですが、実質的にプレヒート状態になります。
ウィスパーライトもガソリン運用ですので、プレヒートは短時間で終了。

IMG_0007.jpg  IMG_0008_20170916112245362.jpg
安定して燃えています。

IMG_0010_20170916112246d39.jpg  IMG_0012_20170916112248670.jpg
分離型もとろ火が効くのがピーク1の美点です。
これは殆ど使用してきませんでしたが、もっと使ってあげないともったいないか?

IMG_0017_2017091611225152f.jpg  IMG_0021_20170916112254226.jpg
コーヒーブレイク!

IMG_0019.jpg  IMG_0023_20170916112255202.jpg
消火時はボトルをひっくり返します。
こうすると燃料ラインにガソリンが残らず、圧力が抜けて片付けがしやすいのです。

IMG_0016_20170916112249991.jpg
MSRのボトルは所有していないので、SIGGボトルを利用しています。
現行のポンプユニットはSIGGボトルには取り付けられないそうです。

その4は、古のケロシンストーブなど予定です


ストーブ点検その2筒スト

続いて、筒型の2台。


オプティマス123Rとエンダースのビヴァークです。

IMG_0050_2017091312535669a.jpg
火力そのものは123Rの方が大きいようですが、赤火が混じります。

IMG_0052_201709131253586ac.jpg
ビヴァークの方は五徳の位置も高すぎるようで・・・

IMG_0047.jpg
スタッフィング・ボックスより漏れがありましたが、ナットを少し締めたら解消しました。

IMG_0059.jpg
123Rは調整ハンドルを左いっぱいに回しても、失火しないのでおかしいなと思いましたが、なんとクリーニング・ニードルが付いていない!!
以前はあったはずですし、弱火調整をニードルではやらないし・・・
脱落したとしか思えません。
ま、Rなしの123になったと思えば良いか?

ストーブ点検その3は、分離型を予定していますが、いつできるかな?

ストーブ点検その1箱スト

休日出勤の代休で久しぶりに一人きり&雨天でやることもなく、ストーブの点検&試点火をして過ごしました。


オプティマス199はホワイトガソリン運用

IMG_0011_2017091312302947d.jpg
オプティマス10Rは灯油運用
いずれも問題なく、点火しましたが、最大火力は10Rの方が大きいかな?

IMG_0016_20170913123030e3d.jpg
折角なので、湯沸かし

IMG_0020_2017091312303253a.jpg  IMG_0022_20170913123033c05.jpg
マキネッタでモカを淹れて一息・・・

ところで、199の取説を改めて眺めてみたところ、リストリクターに関する記載が・・・
199-2.jpg  199-1.jpg
アルコールだけではなく、ガソリンの時も使用しなくてはならない!ですと。

IMG_0023_20170913123035d73.jpg
上がアルコール用、下がガソリン用です。

IMG_0026_20170913123038850.jpg  IMG_0024_20170913123036bb0.jpg
IMG_0027_20170913123039d13.jpg  IMG_0029_201709131230412d9.jpg


って、ダメじゃん!!
ガソリン運用時は、リストリクター不要です。多分・・・

IMG_0034_201709131230218b4.jpg
じつは、ポンプも違います。
長い方が10R付属です。

IMG_0037_20170913123023d2d.jpg
以上、オプティマス・レンジャー2台でした。

EPI M100缶とチタンカップ


450mlチタンカップに110カートリッジは入らないことはわかっていました。
手元に1本だけある、EPIの小型缶はCB缶と同じ直径のため、もしかしてはいるかな?
IMG_0033.jpg
ギリ入りますが、キャップが突き出します。
IMG_0034.jpg
BRS-3000Tでも収まりませんね(T_T)
IMG_0031.jpg  IMG_0032.jpg
しかし、フィット感は110カートリッジ以上です。


IMG_0027.jpg  IMG_0037.jpg  IMG_0038.jpg
因みに、ZIPPOのヘッド側は、ネジ径が大きく、つめかえには利用できません。
プリムスも駄目でした・・・

超小型ガスストーブとチタンカップ

amazonを眺めていると、ついつい欲しいモノが増えて困ります。
今回は、あまりの小ささ、軽さに驚き、安いこともあってこれを(^^;)
  IMG_0017.jpg
手持ちでは最小のZIPPOと並べても、この小ささ!
IMG_0015.jpg  IMG_0016_20170723102734ae0.jpg
ZIPPOチタンケトルに110カートリッジ&BICミニライターと共に入れても、この余裕!
IMG_0026.jpg
ZIPPOカートリッジに取り付けました。
IMG_0023.jpg  IMG_0024_201707231027272fc.jpg
そもそもこの超小型ストーブを入手した目的は、チタンカップで1杯の湯沸かしをしたいためです。
IMG_0010_201707231027309a8.jpg  IMG_0020.jpg
IMG_0022_2017072310273978d.jpg
小型のZIPPOでも大きすぎるのですよ。でも、これだとピッタリサイズです。
そして、これも・・・
IMG_0028.jpg  IMG_0029.jpg  IMG_0053.jpg
早速、モカを淹れました。

ガス詰め替えにチャレンジ

IMG_0001_2017071815122809b.jpg
カセットボンベでアウトドア用のガスランタンorストーブを使ってみようかと思い、amazonでアダプターを購入しました。
予想はしていましたが、背が高くなりすぎ不安定なので、急遽詰め替えを検討。
parts.jpg
transfer.jpg
上記のような使い方をしている方のページを発見しました。
その方によれば、
[用意するもの]  ガスストーブふたつ(一方はランタンでも可です)、六角ボルト、ストーブのヘッド部に噛ませるゴムパッキン2つ、くだんのストレート型アダプター
用意するものはガス・ストーブふたつ、ランタンでも構いません。ぼくが使っているのはEPIの「BPストーブ」(まだ売ってるのかな?)と「マイクロスーパーランタン」です。
これらのヘッド部分とプラスチックカバーをはずして真鍮のエレメントを剥き出しにします。そしてヘッドがねじ込んであった部分に六角ボルトをはめて、ふたつのエレメント同士を接続します。EPI製品の場合は内径12ミリのふつうの工業用ボルトでOKでした。厳密にはぴったりではないので多少真鍮が削れたりしますが、いまのところ問題なく使えています。
~引用ここまで。

IMG_0005.jpg  IMG_0006_20170718151223137.jpg  IMG_0008.jpg
私が測定したところ、ガスボンベのねじはインチサイズの7/16、20山と判明しました。そこで、以下の商品を再びamazonで
IMG_0002_20170718151227bab.jpg  IMG_0003_20170718151225e72.jpg  IMG_0009.jpg  IMG_0012_201707181512169a0.jpg
こんな感じで合体!!

IMG_0014.jpg  IMG_0016.jpg
まずはCB缶ではなく、純正同士で詰め替えてみました。
プロフィール

KITA

  • Author:KITA
  • 色々と、興味の対象が移り変わっておりますが、結局また元の趣味に戻っていくのかな?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク