ペトリ ペンタ2



ペトリの一眼を入手したもう一つの理由は、この独特のメカを見てみたかったからでもあります。
そしてこのPENTAは上カバーが3分割になっており、プリズムを清掃するのが極めて簡単であることを発見しました。
R0013788.jpg

左右2本のビスを外すと、すぐにカバーが外せ、プリズムが見えてきます。
更にビスを2本ゆるめればもうプリズムを外せ、その後4本ビスを外すとプリズムのフレームを取り外せます。
R0013794.jpg

R0013798.jpg

R0013811.jpg

その後コンデンサーレンズを外せば(ばね状の板で固定されている)スクリーン上部も清掃できます。
お陰でファインダーだけは見違えるほどきれいになりました。

ところで、ネット上で色々検索した結果、この個体はレリーズボタン回りのリングが紛失しており、また貼り皮も前面は張り替えてあるようです。なぜなら裏蓋と質感が異なることと、モデル名のプレートがないためです。

R0013815.jpg

最後に追加。
Lionon-P 200mm 4.5です。
かつてヨドバシが発売したらしい、プリセットタイプの望遠です。
曇り取りのため分解したところ、レンズ2枚しか使っていないみたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KITA

  • Author:KITA
  • 色々と、興味の対象が移り変わっておりますが、結局また元の趣味に戻っていくのかな?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク