音楽会

先日ホールで行われた音楽会を、トキナー100~300ズームで撮影しました。


まずはISO800です。
200~800までは、このような場合あまり差がないようです。

iso1600.jpg

つぎは1600
少しざらついてきますが、L版プリントなら私的にはOKです。

iso3200.jpg

3200になるとかなり厳しいです。

iso800-2.jpg

ストロボは、かなり古い外光オートの、サンパックSR25を使用しました。
こうした汎用ストロボが手軽に使用できる点も、αに対するアドバンテージとなります。

iso3200-2.jpg

最後に3200で、ノーストロボです。
ノイジーですがフラッシュ一発より遙かに雰囲気があると思います。
写真業者の方は、ストロボ使いまくってました。雰囲気でないだろうな?


今回は座席が舞台に近く、ストロボも届きましたし、オートフォーカスも迷いが感じられませんでした。
手軽に感度を変更できることも、フィルムカメラにはないメリットです。
今度は、色々なレンズで撮影したものを、アップしたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ISOいくつにしてもパソコン画面上ではほとんど大差ないですね。
お子さんの成長記録としてはストロボ撮影のほうがいいと思いますが、
アーティスティックな視点からだと断然3200のノーストロボがいいですね(私の好みですけど)
私のじいさんの言い残しで「ストロボ使わないで撮れるところは限界まで使うな」と...うそです。

ほんと一眼デジカメはいろんなテストが気軽に出来て、いいですね。

仰るとおりで、ISO3200は通常の見方をすれば厳しいですが、フィルムだって同様ですし、これだけ写ることが驚異です。
今後はより高感度で、低ノイズになっていくんでしょうね。
楽しみです。
プロフィール

KITA

  • Author:KITA
  • 色々と、興味の対象が移り変わっておりますが、結局また元の趣味に戻っていくのかな?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク