Minoltaの思い出

SRT-101


Minoltaのカメラには縁がなかった。
私が関東地方で生まれ育ったためであろうか?
親戚にも友人にも5大メーカーの内Minoltaだけは殆ど使用者が居なかった。唯一記憶にあるのは親父のSRT-101(だったと思う)を友人が一度だけ持ってきた。
そんなわけで、X-7のCMは印象深かったが、実物はさわったこともなかった。
写真のSRT-101は、5年ほど前(だったと思う)に今は無き秋葉のマップカメラでボディーのみ購入した。
使用してみて、ファインダーのすばらしさに驚いた。しかし、Pentaxと絞りもシャッターもおまけにピントまで操作方向が逆で、一緒に使うとかなり混乱した。
それでもファインダーのすばらしさ、一部ライカにも採用されているレンズ群に魅了され、28mm~135mmまで、7本の交換レンズを手に入れ、更にM42アダプターまで入手し、ボディーも5台ほどまで増やしたがしばらく後には殆ど使用しなくなってしまった。

理由は、ストラップ吊り環の位置が私の手に合わないのである。
SRT系はサイズが大きいのでそれほど気にならないのだが、X系の場合、右手側がどうも決まらず、それが気になってだんだん使用頻度が減り、XE,XG-s,XG-eは手放してしまった。
SRT2台と、レンズは残してあるのだが、これとて積極的理由で残した訳ではなく、手放すにも幾らにもならないからである。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KITA

  • Author:KITA
  • 色々と、興味の対象が移り変わっておりますが、結局また元の趣味に戻っていくのかな?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク