武井パープルストーブ BH-101セット

暑い!今日はこの夏一番の暑さになる予報です。あまりに暑いのでインドアでアウトドアグッズをメンテナンスしようかと・・・

20130810-085333(1).jpg
これは’91年に与野のドイトで購入した灯油を燃料にするストーブ(コンロ)です。
前回エントリーの部品を使用する本体セットがこちら。
20130810-085521(1).jpg
これだけの部品がぎっしりと、小さなケースに収められています。
予熱器に使用するライター用ガスボンベも、購入時付属のそのものです!
20130810-085923(1).jpg
組み立てるとこんな感じですが、燃焼中は予熱器とハンドルは外しておきます。
20130810-090054(1).jpg
この手のストーブは予熱が必要で、液体か固形状のアルコールを使用するのが一般的ですが、これは非常に珍しいガス予熱器が付属しています。ちなみにほとんどわからないと思いますが、この写真は予熱中です!
アルコールを入れるべき予熱皿の中央の穴から、青い焔が噴出しています。
しかも、ガスは以前注入したままですので少なくとも2年以上前に充てんしたものです。
20130810-090415(1).jpg
BH-101セットのセットたるゆえん、ヒーターです。
20130810-090529.jpg
これでまさしく「ストーブ」ですね!?
一般にアウトドア用コンロはストーブと呼称され、暖房器具は「ヒーター」が正しいでしょうね。
20130810-091532.jpg
実は今回メンテしようと考えたのは、ポンプです。震災後の計画停電の際にこのストーブを使用しようとしたときに、圧力がかからずに使えませんでした。その後放置していたのです・・・
見たところOリングには問題がないようなのですが、ポンピングしてもスカスカです。
予備部品を使用すればいいのですがその前にふと思いつきました!
20130810-092407.jpg
20130810-091731.jpg
もう一台所有している灯油ストーブのオプティマス00LのポンプをBH-101に取り付けてみたところ、ポンピングでき、プレッシャーが掛りました!
チェックバルブは機能しているようです。
20130810-095305.jpg
そして前回の謎が解けました。ハンドル、予熱器、バナートップはスペア部品でした。
スペアを準備するほど酷使していない、というよりも実践投入は内山牧場に行った、一泊のみで、その時もピーク1と併用だったと思います。
ま、お陰で22年後も本体ピカピカです!
20130810-095718.jpg
20130810-095723.jpg
唯一残念な点は、五徳&ツール収納袋を溶かしてしまったこと!
内山牧場キャンプの際に、熱しているところに当ててしまったのです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KITA

  • Author:KITA
  • 色々と、興味の対象が移り変わっておりますが、結局また元の趣味に戻っていくのかな?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク