万年筆の改造


ダイソーで売っているセーラーのインクペンは、イリジウムが溶接されていないためか「万年筆」とは書いてありません。しかし構造は全くの万年筆であり、同じセーラーのハイエースとペン先に互換性があります。
このインクペン、イリジウムが溶接されていない上に、細字なため筆記感がガリガリで、良い印象がありませんでした。そこで、
100117-103025.jpg
ちょいと削ってみました(^_^;)
100117-103014.jpg
爪磨きでちょいちょいと、ものの数分でできあがり。外見がイマイチなので、ハイエースの軸に移植しました。
100117-103357.jpg
100117-103653.jpg
へたくそな文字ですが、縦横の筆記線幅が異なり、文字にメリハリが出来ます。
カリグラフィー用のペンより安くて、お気に入りです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

イリジウムってペン先の玉状のものですよね、あれがないと万年筆って喚べないんだー。勉強になります。覚えといてどこかで受け売り、遣わしていただきます。

「万年筆」って定義があるのかな?同じダイソー扱いでも、「プラチナ」や中国製は「万年筆」と表記してあります。もちろんこれらにはイリジウムが付いています。
それだけが原因ではないのでしょうが、メーカーの「方針」でしょうかね?
さすがに100均万年筆は、満足感は低いですが、調整練習にはもってこいです。
プロフィール

KITA

  • Author:KITA
  • 色々と、興味の対象が移り変わっておりますが、結局また元の趣味に戻っていくのかな?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク