bpt ガスランタン



これは’80年代に確かA&Fが輸入していたイタリア製のガスランタンです。
メーカー若しくはブランドがbptという、聞き慣れないものですがデザイン、機能、付属ケース共になかなかの優れものです。
にもかかわらず、ググっても全くヒットしません。
IMGP4534.jpg

自動点火装置を備え、片手でワンアクションで点火できます。同時代のEPIや、プリムス、キャンピングガスにはまだイグナイターは装備されて無く、オプションで追加してもワンアクションでは点火できなかったことを考えると、非常に優秀です。
また、点火&調整レバーには夜光塗料が塗布してあり、暗闇で点火操作しやすいです。
IMGP4536.jpg

付属ケースも良くある軟質プラスティック製ではなく、硬質プラスティック製で、しっかりしています。

’90年頃に上州屋がやっていたアウトドアショップでたしか4980円で購入しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

教えてください。

突然のコメント失礼します。
先日、海外オークションにて同型のランタンを落札したのですが、ガスカートリッヂが外せないとの理由にて国内に運べない状態になってしました。よろしければ外し方を教えてください。

Re: 教えてください。

> 突然のコメント失礼します。
> 先日、海外オークションにて同型のランタンを落札したのですが、ガスカートリッヂが外せないとの理由にて国内に運べない状態になってしました。よろしければ外し方を教えてください。

ともちん殿

取り外すには、下部カバーををねじって取り外すだけです。
その際、緩み止めのストッパレバーがあったはずです。(出先のため、現物未確認です・・・)

因みにこれに適合するカートリッジはキャンピング・ガスから確か2種類出ており、バルブを内蔵していないタイプはガスが残っている状態では、取り外しできません。(外せるけれど、ガスを全て大気中に放出してしまう)
出品者の「取り外せない」は物理的に不可能なのではなく、ガスが漏れてしまうから「取り外せない」との回答になったのではないかと推測します。
「ガスを消費しきってから、取り外して、送って欲しい旨伝えてはいかがでしょうか?」

ありがとうございます。
交渉してみます。
プロフィール

KITA

  • Author:KITA
  • 色々と、興味の対象が移り変わっておりますが、結局また元の趣味に戻っていくのかな?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク