セーラープロフィットジュニア(透明)

20120914-061116PX             (640x640)
金属部品を殆ど使用していない軸はとても軽量で、少々心許ない。
ニブ幅は「MF」中細とのことだが、筆記線はF、細字並み。
極めて剛性感が高く殆どしなりは感じない。
この個体は切り割りが中心から外れており、ポイントも6:4位になってしまっているためか、筆記は少々ガリガリ感がある。ただし滑らかな紙ならば筆圧を抑えることでガリガリも気にならないレベル。
ヤングプロフィットと同じ形状のニブならば、入れ替えてしまいたい。
使用初日にキャップのねじが2ミリくらい取れてしまった・・・。
スポンサーサイト

セーラープロフィットジュニア購入

20120913-213257PX             (640x480)
名古屋限定700本との情報を見て、アマゾンでポチッとしました。
数年前に無印で販売したモノとは、ペン先は別物でより廉価なモノになっているようです。
20120913-213356PX             (640x480)
ペン芯まで透明なペンは初めてです。
早速カートリッジを装填、ダイソーのブルーにしました。
20120913-213814PX             (640x640)
20120913-213822PX             (640x640)
20120913-213852PX             (640x640)
流石はセーラー、廉価な品でもあっという間にインクが浸透していきます。ペン先まで到達するのにほんの1~2分で、3分後にはペン芯全体に廻っています。
他社のペンでは数時間放置しても筆記できず、振ったり水をつけて誘導したりすることが多いのですがセーラーではそんな経験はありません。

PILOT VRTEX F

以前購入してしばらく休眠させていた万年筆に、再度インクを入れるかどうか迷うことが多くなりました。あまりフィーリングが良くないペンには、インクを入れてもすぐにいやになってしまうためです。
その覚え書きとして、ぼちぼち残しておこうかと思い、カテゴリを追加しました。
20120913-065834PX            (1) (640x640)
サファリなどと同様の両脇を巻き込んだニブは、かなり剛性感が高くよほど強い筆圧を加えないとしならない。
インクフローは良好で、Fらしい細字が筆記できるので、手帳向き。
ポイント形状のためか若干カリカリした感じだが、筆記用紙がなめらかならば殆ど気になならない。
万年筆には珍しいラバーグリップは少しべたつきがあり、経年変化が心配される。
キャップはねじ込み式で3回転を要するため、使い勝手は今ひとつ。
プロフィール

KITA

  • Author:KITA
  • 色々と、興味の対象が移り変わっておりますが、結局また元の趣味に戻っていくのかな?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク