フリマにてその7


フリマシリーズを、続けます。
まず初めの1本は、前に紹介したパイロットエリートの派生モデルでしょうか?
100425-133853.jpg
残念ながら鉄ニブで、根本に錆が見受けられます。
100425-133915.jpg
前のと同じ形状で、ペン芯が外から見えません。
100425-133943.jpg
日本列島のマークは見たこと有るぞ!!
100428-065627.jpg
国勢調査のマークです。
このデザインは昭和45年(1970年)から採用しているそうですので、そのときに作成されたのではないかと思います。

でもこれって税金で作ったんですよね?事業仕分けの対象になりそうな、無駄製品では??
スポンサーサイト

また、フリマに行きました(^^;)

昨日の日曜日、またフリマに行きました。
行ったとはいえ、他の用事のついでではありますが・・・
気温も上がり、ようやく春らしい天気のため、いつになく出店者もお客さんもたくさんいて、盛況でした。
でもって、今回の入手品は写真の6点です。

右側3本が万年筆で、左側3本は油性ボールペンで、BPは左端のみ筆記可能です。
価格は右側4本で1000円、左の2本で100円でした(*^_^*)
個々の記事は、また後日。

万年筆7本インプレ


①モンブラン221P 字幅M 純正カートリッジ、ロイヤルブルーインク使用
ペン先の段差を修正したつもりなのだが、中々上手くいかず若干ざらつきは残っています(T_T)
しかし、これまで所有しているどのペンと較べても異なる、弾力はあるが、良くしなる気持ちいい筆記感です。
一つ心配なことがあるのですが、それはキャップが構造上弱そうなので割れないかと言うことで、替わりの部品を見つけるにも今回以上の出費は必至なので・・・。

②パーカー75 字幅M 純正カートリッジ、ブルーブラック使用
221に較べると硬いニブですが、しかし有る程度筆圧を加えると適度にしなります。丁度カスタム74と似た感じです。
インクフローも絶妙で、M幅らしからぬ細めの線が引けます。洗浄時にペン芯が簡単に引き抜けたことが、心配ではありますが・・・。

③パーカー45 字幅F モンブランボトル、ブルーブラック使用
がちニブですが、インクフローが潤沢なため、とても滑らかです。反面、筆記幅は上のMよりも太いです。
フライター軸のため、傷も付きにくく普段使いに最適です。

④パーカー45 字幅X 純正カートリッジ、ブルーブラック使用
こちらも同様に、フロー潤沢、筆記幅太めです。
軸に刻まれたイニシャルから、「Mr.K」と呼んでいます(^_-)

⑤セーラー21 字幅2 純正カートリッジ、ダイソーブラック使用
段差を修正して使用したところ、文字幅は中細くらいか?
21金というイメージよりも硬いニブで、殆どしならないのは残念。
しかし、これからの季節シャツのポケットに収まりの良い、ショートサイズは重宝しそう。

⑥英雄329 字幅不明 ウォーターマンボトル、ブルーブラック使用
想像したより遙かに滑らかな筆記感。文字幅は細字と言ったところか?
ペン芯の性能故か、インクがダマになっていることがあり、ボタ落ちしないかが心配なところ・・・。

⑦WING SUNG 字幅不明 ウォーターマンボトル、ブルーブラック使用
こちらも見た目の感じよりも滑らかな筆記感。文字幅は英雄より狭い極細字。
これは手帳用に実用が充分可能。  

フリマにてその6


今回のフリマ収穫最後の1本です。
100410-150237.jpg
セーラー21のショートサイズです。
100410-150244.jpg
100410-150251.jpg
100410-150306.jpg
この、ガビガビに固まったインクは厳しいかな?と思いましたが流水&つけ置きで洗浄出来ました。
筆記幅は、-2-と表示されており、以前入手した-4-表記よりも明らかに細いです。
100411-095543.jpg
下が今回入手品です。細部の意匠は異なりますが全体のシルエットは同一です。
洗浄できるか不明だったのですが、21金ペンがワンコインは、お買い得でした。

フリマにてその5


これは英雄と同じ人から購入した、WING SUNGという万年筆です。
型番、製造国表記が全くありませんが、恐らく中国製でしょう。
100410-150102.jpg
キャップの錆びたような汚れは、簡単に拭き取れましたがクリップの曇りはまだ取れ切れていません。
緑色の軸も、色合いが異なるのですが、これが初めからなのかどうかも不明です。
100410-150116.jpg
100410-150146.jpg
インク吸入機構、ペン先共にHEROにそっくりです。

フリマにてその4


これは中華万年筆の英雄HEROです。
雑誌で元NHKアナウンサーの宮本さんが、高校1年の時に買ったHERO万年筆を、今も大切にしていると紹介されていましたが、それとはキャップ、クリップのデザインが異なります。
これがいつ頃製造されたのか分かりませんが、以前はパーカーそっくりのクリップだったようです。
100410-145921.jpg
ペン先は、パーカー51によく似ています。
100410-145955.jpg
まだインクを吸入していませんが、スポイト式の吸入機構が作り付けられている、昭和30~40年代には日本製にも良くあった方式です。
100410-145935.jpg
モデルNoは329で、この他たくさんのモデルがあるようですが、詳しくは分かりません。

雪です(^^;)


ここはスキー場への道では有りません。今朝の関東平野の郊外です。
天気予報ではこの時期、41年ぶりの雪だそうで・・・
100417-060604.jpg
100417-060609.jpg

フリマにてその3


これは、モンブランと同じ人から購入した、パーカー75?だと思います。
100410-145359.jpg
100410-145413.jpg
100410-145614.jpg
よく見かける75とは、首軸のデザインが異なりますが、これは末期のモデルでしょうか?
カートリッジが刺さったまま、干からびていましたが、ウォッシャブルインクのため、綺麗に洗浄できました。
date codeがILですので、1993年製造のようです。

フリマにてその2

パーカー45は既に2本、スタンダードのXとフライターのFを所有しているのですが、クロスやパーカーのボールペンに混じって、3本の45万年筆を発見しました。
3本共に使いっぱなしで、インクが乾いたいわゆる「ジャンク品」です。

今回3本のうち、2本いただいてきました。
偶然ですが、フライターがFで、スタンダードはXペン先が付いていました。
100411-090021.jpg
100411-090101.jpg
嬉しいことに、どちらも14Kでした(*^_^*)

因みにスタンダードにはイニシャルが刻まれており、これまた偶然私と同じ!!
100411-091001.jpg

フリマにて

我が家での通称「ゴミマ」ですが、季節が良くなったせいか先週末はかなり盛況で、今までに遭遇したことがないほどたくさんの、万年筆に出会いました。
いくつかゲットしたうち、最もうれしかったのがこれです。

100410-145254.jpg
型番が刻まれていないのですが、ネットで調べた範囲では、「Montbranc221P」ではないかと思います。
モンブランとしては、2本目ですが、モンブランの金ペンは初めて入手しました。
100410-145316.jpg
軸に細かい傷はありますが、やはりこのマーク(ホワイトスター?)はしびれます。
100411-095225.jpg
以前入手したペリカンとよく似ています。
プロフィール

KITA

  • Author:KITA
  • 色々と、興味の対象が移り変わっておりますが、結局また元の趣味に戻っていくのかな?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク