SEIKO 5修理

半年ほど前、立て続けに3本のセイコー5を購入し、毎日とっかえひっかえ着けています。ところが外した拍子に床に落としてしまい


日付窓の枠が外れてしまいました。IMGP4513.jpg

専用工具は持っていませんので、スナップリングプライヤーを用いて裏蓋を開けIMGP4515.jpg

確か「おしどり」と呼ぶ部品を押し込み、リューズを抜きIMGP4516.jpg

後は枠をはめ込み、外した部品を戻して完成です!!
スポンサーサイト

IWATANI製ライターガス・ランタン



キャンドルランタンと言えば、キャンドルを使用しないガスランタンも持っていました。
イワタニプリムスブランドのライター・ガス充填式のランタンです。
IMGP4548.jpg

IMGP4549.jpg

キャンドルより安く、どこででも入手できるライター用ガスですし、光量の調整も可能です。また、融けたろうがこぼれることもなく火屋もボディーも汚れません。
イグナイターも内蔵されており、非常に便利です。
バックパッキングや、自転車のキャンプ等には最適ではないでしょうか?

BIG OAK



bptランタンについて検索しているうちにキャンドルランタンを紹介しているページやオークションがいくつかヒットしました。
その昔(約20年前)キャンドルランタンと言えばBIGOAKが有名で、(と思っているのは私だけか?)二子玉高島屋別館にあったBIGOAKで、プラステックモデルがセールだったのを購入しました。確か定価2500円のところ1000円だったと思う・・・

隣に写っているチタンシェラカップは、10年くらい前に柏の高島屋に入っていたBIGOAKでこちらもセール価格の確か1000円で購入しました。

今回調べて少し分かったのですが、平成2年にBIGOAKは岩谷の100%出資会社として発足しており、残念ながら現在は二子玉店舗はないようです。
と言うことは、20年前のお店とは経営形態が変わったのでしょうか?

bpt ガスランタン



これは’80年代に確かA&Fが輸入していたイタリア製のガスランタンです。
メーカー若しくはブランドがbptという、聞き慣れないものですがデザイン、機能、付属ケース共になかなかの優れものです。
にもかかわらず、ググっても全くヒットしません。
IMGP4534.jpg

自動点火装置を備え、片手でワンアクションで点火できます。同時代のEPIや、プリムス、キャンピングガスにはまだイグナイターは装備されて無く、オプションで追加してもワンアクションでは点火できなかったことを考えると、非常に優秀です。
また、点火&調整レバーには夜光塗料が塗布してあり、暗闇で点火操作しやすいです。
IMGP4536.jpg

付属ケースも良くある軟質プラスティック製ではなく、硬質プラスティック製で、しっかりしています。

’90年頃に上州屋がやっていたアウトドアショップでたしか4980円で購入しました。

BE-PAL ビーパルのおまけ

雑誌BE-PAL ビーパルは創刊の年から購入していましたが、8~9年前から買わなくなっていました。
内容に飽きてしまったことと、興味の対象がカメラに移ってしまい、カメラ雑誌を購入するためでした。
ところが最近はカメラ雑誌も買わず、アウトドア系もそれほどではない状態が続いています。


で、本題ですが最近雑誌に大きな付録が付くことが多くなりましたが、ビーパルも例外ではなく、時々付録が付きます。昨年はコンパスが付録したとき購入し、今回LEDライトが付録したので購入してみました。
が、しかし!!
電車の吊り広告ではアルミ製に見えたのですが、実物はプラスティック製でかなりプアーな印象です。ちょっぴり残念でしたが、久しぶりの紙面はなかなか面白く、またしばらく買おうかな?っと思いました。

まあビーパル誌には関係なく、冬場になるとストーブ(暖房器具ではありません)を引っ張り出して用もないのにお湯を沸かしたりしているのですが・・・

今年最初の買い物

今年最初の買い物は、以前から買おう買おうと思いつつ、なかなか買えなかった(買わなかった)ジャンパー(ブルゾン?ハーフコート?)です。


写真のこれが欲しかった訳ではなく、ジャンパーが欲しくてもちょっとしたブランドのものは2万円以上するし、逆にユニクロだと貧相だし年齢相応でないし・・・
と言う訳でなかなか買えませんでした。
昨日言ったスポーツショップで、たまたまこれを羽織ってみるとなかなか良い感じ!しかもバーゲンで半値以下(ここが重要ポイントだったりする)

ところで私、サッカーファンという訳でもなく、ナイキとピレリは知っているもののこのエンブレムのチームのことは全く知りませんでした。
R0014635.jpg

ネットで調べると、インテル(Internazionale
Milano F.C.)だそうです。(ファンの方、ごめんなさい)
プロフィール

KITA

  • Author:KITA
  • 色々と、興味の対象が移り変わっておりますが、結局また元の趣味に戻っていくのかな?
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク